diving man

Published: 16 articles

慶良間でダイビング!

今年も慶良間諸島でダイビングしました!慶良間の外洋をガイドするショップは少ないですが、

慶良間ダイビングの専門ショップアクアライフさんなら外洋にドリフトスタイルでOKです。

今年も慶良間で命の洗濯が出来て後半戦も頑張れます!

トムモーヤ

こちらの画像はトムモーヤです。

慶良間の外洋は大物や回遊行のトルネードなど、迫力あるダイビングが楽しめます。

マクロに飽きたら、ぜひ外洋ポイントへ!

ダイブして思う事

ダイビングを趣味としてからかなりの年月が経ちますが、

本当にいい趣味を見つけたといつも思います。

 

「地球ってなんてステキなんだ」と、ダイビングした時はいつも思います。

地球の7割が海で、しかも海は地上とは違い、立体的な世界が形成されています。

 

水深により生物が違ったり、環境も違い

それぞれのレイヤーで活き活きとした自然が営まれています。

 

環境破壊をして利益を出している企業の代表は是非ダイビングをしてください。

自分たちの住んでいる星の美しさと尊さを是非知ってもらいたいですね。

 

梅雨も明けて

沖縄も梅雨が明けて、本格的な夏に突入しました。

 

ダイビングにはベストシーズンです。

 

それにしても沖縄県地方の今年の梅雨は豪雨続きでした。

 

これも温暖化の影響なんでしょうかね・・・

 

1241

梅雨入りです。

沖縄は梅雨に入りました。鬱々として時期ですが、これも農業には必要な事。自然のリズムは受け入れていきましょう。

気分だけでも晴れ晴れとなるように天気が良い時の写真を掲載します!

14380111_1660554264274743_6911115919657495053_o

慶良間の海をダイビング

慶良間諸島の海の魅力は、やはり透明度でしょう。

数十メートル先が見通せるほどの透明度は慶良間の特長です。

この海に潜れるなんて本当に恵まれているな~と心から感じます。

海もこのままキレイに保って行きたいですね。。。

慶良間の海のイルカ

2017年はどんな年に

沖縄県も観光客が右肩上がりで増加しています。

もちろんダイビングをする方々も増えてきています。

ダイビング人口が増える事は喜ばしい事ですが、海が汚れては意味がありません。

 

私たちダイバーが環境への配慮と高いモラルを持って、

楽しいダイビングを後世に残していきましょう。

沖縄も梅雨入り

梅雨入り前のゴールデンウィークに沖縄に行きました。

初めて恩納村にあるムーンビーチホテルに泊まったんですが、意外と言っては失礼ですが結構良かったです。

 

他のホテルに比べてビーチがとても広くて最高のオーシャンビューでした。

moon

ダイビングイベント

ダイビングショップって、インターネットでもたくさんあって、いろんなイベントが多いし、スクールもいろんなコースがあります。僕は、大学の先輩の紹介ということで、ここのダイビングショップのことを知ることができました。僕は、ダイビングってあまり興味がなかったのですが、ここのダイビングショップのスタッフがすごく面白い人で、ダイビングの興味は、その人から伝えられたと思います。
ダイビングを教わって、僕も海体験をしました。でも、癒やし体験もそうですが、プラスのことばかりでもありません。ここのダイビングショップでは、危険なことも同時に教えてもらえました。ダイビングには必要な器具があります。そして、その器具を知らないと、ダイビングが全然違うものへと変わってしまうので、すごく真剣でした。それと、魚やクラゲなどの毒もそうです。貝の中にも同じように危険な毒を持つものまでありました。
危険なことって、触りだけを説明したりというところもあるそうですが、みっちりと教えてくれたのと、ダイビングでも、実際いに魚の種類と同時に危険な魚も紹介してくれて、そうなると、嫌でも覚えていくというのが、ダイバーの考えているところだそうです。
カメラに取ったり、何種類もの毒や危険な生物を写真で集めてみました。でも、不思議と嫌いにならないので、海って本当に面白いと感じたのです。今は、ちょっとした博士的に友達にも頼りにされるぐらいになりました。ダイビングショップって、お店によって本当に経営方針が全然違うとか聞きますが、僕は、ここのダイビングショップでよかったと思っています。そうなると、先輩にも感謝かなと思っています。

マンタに会える

ダイビング沖縄というイメージは、根強くあります。僕は、ダイビングが好きで、特にスキューバダイビングが好きです。東京で資格を取って、いろんな海を楽しんでいます。でも、一番気に入っているのが、沖縄です。何といっても奇麗で圧倒的な神秘を秘めているといえると思いました。
青の洞窟と呼ばれるところもそうですが、クジラとのダイビングも体験するとすごくスケールの大きさと、人間としての小ささが分かるといった具合です。友達と海遊びに沖縄へは毎年行くのですが、本当に海が奇麗で、心が洗われます。
今回は、純粋にダイビングをしにきました。いつものショップに顔を見せると、いつもの笑顔で迎えてくれる。そこがたまらなく気持ちがいいです。カメラとかも貸してくれるので、手ぶらでダイビングが楽しめるのもすごく魅力があります。ガイドさんも顔見知りになってしまって、今回も先導をお願いすることにしました。現地の人の意見て大事だし、安全性を考えると、現地の人はいろいろ知っているので、安心です。友達と一緒に今回も楽しもうと決めたので、心がウキウキしています。
当日は、そんな僕たちをガイドさんが紹介してくれたのが、ファンダイビングスポットです。なんとマンタに会えるというのです。マンタってエイだよな、と思うとこれも何かすごく興奮してきます。運がよければジンベイザメにも会えると言っていました。期待が大きくなりますが、ガイドさんからここと紹介された場所を潜ると、いました。本当にマンタです。自由気ままな姿で、すごい大きいものです。こっちにきたらどうしようかなんて考えましたが、海の生き物って迫力あるし、今回もすごく最高のダイビング沖縄でした。